投資信託の特徴


投資信託の特徴は、通常個人投資家レベルでは情報を取りにくかったり、普通ではなかなかリーチできない投資対象に、小額からでも投資ができる点が挙げられます。

また、一投資家では、資金量が小さいゆえに投資先の数も限られますが、投資信託の場合は複数の投資家の資金を一つにまとめて、それを分散して投資をするために、結果的に例え1万円であっても分散投資が可能です。

投資対象の種類も非常に豊富で、個人レベルでは分析に時間がかかったり、実務に何かとコストがかかったりするところ、運用会社がすべて成り代わって実行するため、今の景気動向に合わせた最適なもの選ぶことができます。

自分自身で情報を取るには限界があり、専門家に任せることで選択の幅が広がるのはメリットといえるでしょう。

また、当然ながら、運用がうまくいけば非常に大きなリターンが期待できます。と同時に、思うような成果があがらなかった場合は大きな損失を生むことにもなります。

一般的に言えば、「資産運用に興味はあるが、実際何をしていいかわからない」「分析する時間がない」「あまり面倒な事をしたくない」「選んだあとは、おまかせでほったらかしにしたい」このようなニーズに合わせるようにして出来た金融商品が、投資信託といえます。

毎月分配型投資信託など、運用者の立場から言えば、確実に足を引っ張る仕組みではありますが、分配金が安定的に毎月出てほしいという投資家の心理をうまく突いた商品設計だということが言えるでしょう。

お金が増える事に興味のない人はいません。楽して増えてくれないかな、という、都合のいい投資家の心理がある以上、投資信託は時代に即したかたちで形を変えながら今後も販売れるでしょう。


投資信託でも結局同じ!「運用会社」と「直接」契約するのなら・・・ ベテラン投資家(43歳)が選ぶ、投資信託ファンドおすすめ5選 14年間、あらゆる投資信託やファンドを購入してきた経験から、日経平均が上がっても下がっても、しっかりと利益をだす戦略ロジックをもった「日本製ヘッジファンド」とでもいうべき、実力のある国内ファンド会社を管理人の投資経験をからランキング形式で大紹介。

BMキャピタルロゴ BMキャピタル ⇒ 詳細
ファンドマネージャーは東大出身。外資系金融機関で培った手法で手堅い運用を得意としている。金融のエリートで構成される資産運用会社。
ラサール・グローバルREITファンド ラサール・グローバルREITファンド ⇒ 詳細
ダイワ高格付カナダドル債オープン(毎月分配型) ダイワ高格付カナダドル債オープン ⇒ 詳細
ピクテ・グローバルインカム株式ファンド ピクテ・グローバルインカム株式ファンド ⇒ 詳細
米国ハイイールド債ファンド 米国ハイイールド債ファンド ⇒ 詳細