販売手数料と信託報酬を見る


投資信託を購入する際、様々な手数料や費用を引かれます。投資家の頭を悩ますところです。中でも、信託報酬は運用報告書の中で一番確認しづらいものなので、注意が必要です。

販売手数料は投資信託を購入する時、いわば入り口で一度だけかかる費用ですから「可視化」されています。

一方で、信託報酬は、投資信託を保有している期間中ずっと、解約や償還されるまで毎日払い続けるものです。販売会社や運用会社、信託銀行がこの信託報酬を分け合うことになります。

投資家のアセットが増えれば増えるほど信託報酬は自動的に増えます。様々な金融機関がこぞって投資信託を販売するのは、この信託報酬が非常にビジネス的においしいからです。

投資家は資産運用の一環として投資信託を購入し、資産を増やすことを期待しています。運用がうまくいき、資産が増えている間は信託報酬をいくらとられても問題ありません。

しかし資産がマイナスになっても信託報酬は一定とられていきます。

最近では、販売手数料ゼロのノーロードと呼ばれる投資信託も目立ってきました。投資家の心理としてはできるだけ手数料や費用が安く抑えたいので、ノーロードのもので、より信託報酬の割合が低いものを選びたいところです。

信託報酬が高く設定しているからといって、運用会社の能力の高いわけではありません。
投資家は自分の利益の最大化のためにも、目論見書や運用報告書などを細かくチェックしていく必要があります。


投資信託でも結局同じ!「運用会社」と「直接」契約するのなら・・・ ベテラン投資家(43歳)が選ぶ、投資信託ファンドおすすめ5選 14年間、あらゆる投資信託やファンドを購入してきた経験から、日経平均が上がっても下がっても、しっかりと利益をだす戦略ロジックをもった「日本製ヘッジファンド」とでもいうべき、実力のある国内ファンド会社を管理人の投資経験をからランキング形式で大紹介。

BMキャピタルロゴ BMキャピタル ⇒ 詳細
ファンドマネージャーは東大出身。外資系金融機関で培った手法で手堅い運用を得意としている。金融のエリートで構成される資産運用会社。
ラサール・グローバルREITファンド ラサール・グローバルREITファンド ⇒ 詳細
ダイワ高格付カナダドル債オープン(毎月分配型) ダイワ高格付カナダドル債オープン ⇒ 詳細
ピクテ・グローバルインカム株式ファンド ピクテ・グローバルインカム株式ファンド ⇒ 詳細
米国ハイイールド債ファンド 米国ハイイールド債ファンド ⇒ 詳細