投資信託の仕組み


投資信託はおもに4つの主体によってなされます。

「投資家」と「販売会社」、「運用会社」と「信託銀行」です。販売会社とは、証券会社や銀行などの金融機関であり、販売することで販売手数料を得ます。

投資信託は複雑な設計をしている商品もあり、投資家に十分な説明がなされないままに販売することが問題だった時期もありました。営業マンは販売ノルマがあるために、どうしても荒っぽい営業トークをしてしまう傾向があります。

投資家から集めた資金を運用するのはプロである運用会社になります。運用会社はそこに属している専門家がノウハウや経験を駆使しながら、またデータを収集、分析し、信託銀行に対して、運用の指示を出します。どこにいくら投資するかは運用会社の方針や、運用能力によって変わります。

日本の投資信託は、主に米国籍の運用会社に任せる事が多いです。

又、信託銀行は、投資家から集めた信託財産を、自社内部の財産とは区別して保管管理をしなければいけません。簡単にいますと、投資信託における財布の紐を握っている立場にあります。


信託銀行は運用会社からの指示によって株式や債券の売買やその管理も行います。なお、投資家は信託報酬を、日々の財産から毎日は引かれていきますが、その信託報酬は三社で分配されるのです。






投資信託でも結局同じ!「運用会社」と「直接」契約するのなら・・・ ベテラン投資家(43歳)が選ぶ、投資信託ファンドおすすめ5選 14年間、あらゆる投資信託やファンドを購入してきた経験から、日経平均が上がっても下がっても、しっかりと利益をだす戦略ロジックをもった「日本製ヘッジファンド」とでもいうべき、実力のある国内ファンド会社を管理人の投資経験をからランキング形式で大紹介。

BMキャピタルロゴ BMキャピタル ⇒ 詳細
ファンドマネージャーは東大出身。外資系金融機関で培った手法で手堅い運用を得意としている。金融のエリートで構成される資産運用会社。
ラサール・グローバルREITファンド ラサール・グローバルREITファンド ⇒ 詳細
ダイワ高格付カナダドル債オープン(毎月分配型) ダイワ高格付カナダドル債オープン ⇒ 詳細
ピクテ・グローバルインカム株式ファンド ピクテ・グローバルインカム株式ファンド ⇒ 詳細
米国ハイイールド債ファンド 米国ハイイールド債ファンド ⇒ 詳細