バランス型ファンドがNISAと相性が良い


バランス型ファンドというのを聞いたことがある方は多いかと思われます。
バランス型ファンドとはバランス良く、複数の投資対象に投資を行う手法の投資信託です。


例えば、国内の株式と海外の債権、海外の株式と国内の債券といったように特性の違うものに分散投資をするファンドです。

このファンドの特徴は、一定バランスで常に運営側がリバランス(ファンド内における資産調整)を行っているので、投資家がわざわざ売ったり買ったりして調整してやる必要がありません。

そして、この『リバランスをファンドが行う』というのが、実はNISA口座では都合が良い部分なのです。
その理由は「NISA口座の非課税枠は1度きりしか使えない」という点にあたります。


たとえば、NISA口座で100万円分の投資信託を買ったとします。


この際の非課税枠は使いきりですので、この投資信託を売却した場合には再度投資することはできません。これではリバランスを行うには非常にやりにくいです。
リバランスをすると、もう非課税枠は使えなくなってしまうので、基本的には預けっぱなしにする以外方法がなくなります。

その点、バランス型ファンドは、ファンドが勝手にファンド内でリバランスを行ってくれるため、非課税枠を最長5年間まるまる有効に使うことができます。

というわけで、NISA口座のメリットを生かすのであれば、バランス型のファンドや投資信託はを購入するのが良いでしょう。


投資信託でも結局同じ!「運用会社」と「直接」契約するのなら・・・ ベテラン投資家(43歳)が選ぶ、投資信託ファンドおすすめ5選 14年間、あらゆる投資信託やファンドを購入してきた経験から、日経平均が上がっても下がっても、しっかりと利益をだす戦略ロジックをもった「日本製ヘッジファンド」とでもいうべき、実力のある国内ファンド会社を管理人の投資経験をからランキング形式で大紹介。

BMキャピタルロゴ BMキャピタル ⇒ 詳細
ファンドマネージャーは東大出身。外資系金融機関で培った手法で手堅い運用を得意としている。金融のエリートで構成される資産運用会社。
ラサール・グローバルREITファンド ラサール・グローバルREITファンド ⇒ 詳細
ダイワ高格付カナダドル債オープン(毎月分配型) ダイワ高格付カナダドル債オープン ⇒ 詳細
ピクテ・グローバルインカム株式ファンド ピクテ・グローバルインカム株式ファンド ⇒ 詳細
米国ハイイールド債ファンド 米国ハイイールド債ファンド ⇒ 詳細