投資信託を選ぶポイント


投資信託を購入する際にどんなことを基準に選ぶのがいいのでしょうか?

ここでは今主流になっている投資信託で注目すべきポイントをご紹介します。

ここでご紹介するポイントは、後の不確実的なものをどれだけ固定することができるかにかかっています。

これは、市場の値動きなどの変動リスクは、可能な限り均質化し、運用にかかってくる手数料コストをできるだけ抑えることで
全てにかかってくる費用を一定にして理解していくと言う考え方です。


世界に幅広く投資している

基本的に幅広い分散投資が行えるほど、、リスクを抑えることができます。
簡単に言うと、日本だけに投資すると日本と運命を共にする形になりますが、その他に米国にも併用で投資をすることで、万一、日本の未来が危うい時にリスクを軽減できます。

為替リスクがその分、生じますが、中長期で投資するのであれば、短期的な為替の変動は、ある程度相殺されるとみてもよいでしょう。

又、様々なファンドを組み合わせるのもいいですがが、1本でもバランスよく投資できるものもありますので、よくわからない場合はこちらが良いでしょう。


手数料が低めであること

投資信託は当然ながら、手数料がかかります。この手数料は、運用成績にかかわらず掛かるコストです。投資信託が今後どんな運用成績を残すかは事前にわかりませんが、手数料は事前にわかります。このあたりも良く調べて選ぶと良いでしょう。


投資信託でも結局同じ!「運用会社」と「直接」契約するのなら・・・ ベテラン投資家(43歳)が選ぶ、投資信託ファンドおすすめ5選 14年間、あらゆる投資信託やファンドを購入してきた経験から、日経平均が上がっても下がっても、しっかりと利益をだす戦略ロジックをもった「日本製ヘッジファンド」とでもいうべき、実力のある国内ファンド会社を管理人の投資経験をからランキング形式で大紹介。

BMキャピタルロゴ BMキャピタル ⇒ 詳細
ファンドマネージャーは東大出身。外資系金融機関で培った手法で手堅い運用を得意としている。金融のエリートで構成される資産運用会社。
ラサール・グローバルREITファンド ラサール・グローバルREITファンド ⇒ 詳細
ダイワ高格付カナダドル債オープン(毎月分配型) ダイワ高格付カナダドル債オープン ⇒ 詳細
ピクテ・グローバルインカム株式ファンド ピクテ・グローバルインカム株式ファンド ⇒ 詳細
米国ハイイールド債ファンド 米国ハイイールド債ファンド ⇒ 詳細