最近人気の不動産投資


資産運用の中で、最近比較的リスクが低い割りにリターンが望めると話題なのが不動産投資です。

不動産投資といえば、バブル経済期に何でもかんでも物件を購入し、数倍もの価格で転売し、また新たな物件を購入し、転売というキャピタルゲインを中心にした不動産投資が中心でした。


そんなことができた理由は、その当時は、物件価格がうなぎのぼりだったからです。


ただし、この当時のようなやり方での不動産投資は最近では、ほぼ見られなくなりました。最近の不動産投資といいますと、ほとんどがマンションやアパート投資である場合が多いようです。


インカムゲインによる『安定した賃料収入』による投資目的ですね。


日本は昔から島国ゆえ、限られた土地しかないことから、『土地』という資産は何よりも安心で安全だという認識が根強く残っていいます。


土地や物件は多少価格が下がったとしても、そこに現物資産として存在します。


近年、株式やFXなどで痛い目を見た経験からも、不動産投資、特にマンション投資は他の運用手法に比べれば、安全性が高いと人気を博しているようです。

ただし、不動産投資なども様々な方法が存在しますから、実際に行う場合には、最低限の基本知識は身につけ、物件などの目利きもあるていど分かるほうが良いかと思われます。


参考資料 無料で不動産投資の知識を身につける『不動産投資大百科』


投資信託でも結局同じ!「運用会社」と「直接」契約するのなら・・・ ベテラン投資家(43歳)が選ぶ、投資信託ファンドおすすめ5選 14年間、あらゆる投資信託やファンドを購入してきた経験から、日経平均が上がっても下がっても、しっかりと利益をだす戦略ロジックをもった「日本製ヘッジファンド」とでもいうべき、実力のある国内ファンド会社を管理人の投資経験をからランキング形式で大紹介。

BMキャピタルロゴ BMキャピタル ⇒ 詳細
ファンドマネージャーは東大出身。外資系金融機関で培った手法で手堅い運用を得意としている。金融のエリートで構成される資産運用会社。
ラサール・グローバルREITファンド ラサール・グローバルREITファンド ⇒ 詳細
ダイワ高格付カナダドル債オープン(毎月分配型) ダイワ高格付カナダドル債オープン ⇒ 詳細
ピクテ・グローバルインカム株式ファンド ピクテ・グローバルインカム株式ファンド ⇒ 詳細
米国ハイイールド債ファンド 米国ハイイールド債ファンド ⇒ 詳細