ETF


ETFとは「Exchange Traded Fund(上場投資信託)」と呼ばれる投資信託の一種です。株式と同じように証券取引所の中で売買が可能です。

一般的にETFという場合は、東京証券取引所や大阪証券取引所に上場している国内のものを言います。これらは日経平均株価や東証トピックスのなどの指数に連動することを目標に作られています。すべてがインデックス運用といえるでしょう。米国などではこのETFは非常に盛んで、上場している本数も圧倒的に多いです。

業種別の株価指数などは、海外の株価指数に連動するものもたくさん存在します。

外貨通貨や金の価格に連動するETF もあります。これらは本来の金融商品から発生してきた商品なので、これらをまとめてデリバティブと呼ばれます。金融商品から派生した商品という意味です。日本からも一部証券会社を通じて、国内のETFはもちろんのこと、海外ETFへの投資も可能なのです。

しかし欠点もあります。

本数が多いために、なかには流動性の低いETFもあるのです。流動性が低いということは、一日の売買出来高が少ないということです。流動性が低いと、買ったものを適正価格で売り出しても、全部売れないということがあります。その結果、価格を下げながら分割して売るなどする必要があり、買いたい時には割高に、売りたい時は割安になりやすくなってしまう傾向があります。


投資信託でも結局同じ!「運用会社」と「直接」契約するのなら・・・ ベテラン投資家(43歳)が選ぶ、投資信託ファンドおすすめ5選 14年間、あらゆる投資信託やファンドを購入してきた経験から、日経平均が上がっても下がっても、しっかりと利益をだす戦略ロジックをもった「日本製ヘッジファンド」とでもいうべき、実力のある国内ファンド会社を管理人の投資経験をからランキング形式で大紹介。

BMキャピタルロゴ BMキャピタル ⇒ 詳細
ファンドマネージャーは東大出身。外資系金融機関で培った手法で手堅い運用を得意としている。金融のエリートで構成される資産運用会社。
ラサール・グローバルREITファンド ラサール・グローバルREITファンド ⇒ 詳細
ダイワ高格付カナダドル債オープン(毎月分配型) ダイワ高格付カナダドル債オープン ⇒ 詳細
ピクテ・グローバルインカム株式ファンド ピクテ・グローバルインカム株式ファンド ⇒ 詳細
米国ハイイールド債ファンド 米国ハイイールド債ファンド ⇒ 詳細