はじめる際の心構え


どの程度リスクを許容できるのか?そもそもいくらぐらいを投資信託に投資できるのか?いつまで運用会社に資金を預けることが出来るのか?

この三つの点は、投資信託を買う前に自分自身で考えなければいけません。

あまり知識がない状態で銀行の窓口へ行ったり、証券会社の営業マンと会ってしまうと、いいように説明を受けてその気にさせられ、はっきり分かってもいないまま投資信託を購入してしまう可能性があります。

元本保証の商品ではないですから、自分の資産がマイナスに転ずることもあるということを、充分に理解して慎重な判断をくださなければなりません。

投資信託は、株式を購入する場合と似ていて、基準価額が上下しますので一喜一憂しないことが必要です。

ずっとプラスで原資を損なわず、利益の中から分配金が支払われれば、いうことはありません。しかしある程度長期間投資信託を保有することになると、市況によってはマイナスに転じる場合もあります。

自分の性格を熟知し、資金の性質もしっかりと把握してもらえるアドバイザーを味方につけて、専門家の知識を借りながら投資信託と向き合うことをお勧めします。


投資信託でも結局同じ!「運用会社」と「直接」契約するのなら・・・ ベテラン投資家(43歳)が選ぶ、投資信託ファンドおすすめ5選 14年間、あらゆる投資信託やファンドを購入してきた経験から、日経平均が上がっても下がっても、しっかりと利益をだす戦略ロジックをもった「日本製ヘッジファンド」とでもいうべき、実力のある国内ファンド会社を管理人の投資経験をからランキング形式で大紹介。

BMキャピタルロゴ BMキャピタル ⇒ 詳細
ファンドマネージャーは東大出身。外資系金融機関で培った手法で手堅い運用を得意としている。金融のエリートで構成される資産運用会社。
ラサール・グローバルREITファンド ラサール・グローバルREITファンド ⇒ 詳細
ダイワ高格付カナダドル債オープン(毎月分配型) ダイワ高格付カナダドル債オープン ⇒ 詳細
ピクテ・グローバルインカム株式ファンド ピクテ・グローバルインカム株式ファンド ⇒ 詳細
米国ハイイールド債ファンド 米国ハイイールド債ファンド ⇒ 詳細