グローバル・ソブリン・オープン


まず、最初に「ソブリン」とはどういう意味なのでしょうか?

ソブリンとは「最高」を意味する言葉です。金融におきましては、Risk Free というようなニュアンスで捉えられることは多いようです。

これらより、ソブリン債とは、おもに先進国の、いわゆる格付けの高い、安心できる国家が発行する債券のことを言います。具体的には、アメリカやドイツ、フランスなど信用力の高い国の国際などがメインで、投資先となる国はOECD 加盟国が原則です。

繰り返しになりますが、A格以上で信用力の高い国のソブリン債を投資対象としています。このグローバルソブリンオープンは、販売会社の営業日であれば申し込みも換金もいずれも可能になっています。そのため、オープンと名付けられているのです。

分配金に関しては、毎月決算、3ヶ月決算、1年決算のなかから、投資家が自由に選ぶことができます。分配金をそのまま再投資するのか、決算時ごとに受け取るのかも、選ぶことができます。

しかし、その両方のコースが容易されているかどうかは、この商品を販売している販売会社ごとに違いますので、確認作業がいるでしょう。
一般的にグローバルソブリンは資産形成には不向きで、毎月一定の現金が欲しい方に適しているといわれています。


投資信託でも結局同じ!「運用会社」と「直接」契約するのなら・・・ ベテラン投資家(43歳)が選ぶ、投資信託ファンドおすすめ5選 14年間、あらゆる投資信託やファンドを購入してきた経験から、日経平均が上がっても下がっても、しっかりと利益をだす戦略ロジックをもった「日本製ヘッジファンド」とでもいうべき、実力のある国内ファンド会社を管理人の投資経験をからランキング形式で大紹介。

BMキャピタルロゴ BMキャピタル ⇒ 詳細
ファンドマネージャーは東大出身。外資系金融機関で培った手法で手堅い運用を得意としている。金融のエリートで構成される資産運用会社。
ラサール・グローバルREITファンド ラサール・グローバルREITファンド ⇒ 詳細
ダイワ高格付カナダドル債オープン(毎月分配型) ダイワ高格付カナダドル債オープン ⇒ 詳細
ピクテ・グローバルインカム株式ファンド ピクテ・グローバルインカム株式ファンド ⇒ 詳細
米国ハイイールド債ファンド 米国ハイイールド債ファンド ⇒ 詳細