外貨MMF


MMFは非常に硬い投資信託という印象がありますが、利回りはどれくらいなのでしょうか?
一度ここで、野村外貨MMFを例にとってみてみましょう。

□野村外貨MMF□

ルクセンブルク籍オープンエンド契約形
US MMF は0.175%
ユーロMMF は年間利回り0.078%
豪ドルMMF は年換算利回り2.285%
英ポンドMMF は年換算利回り0.188%
カナダドルMMF は年換算利回り0.468%

となっています。

これは純粋な利回りの数字ですから、ここから信託報酬を引きます。

例えばここで信託報酬が年間1.0135%かかっているとしますと、結果的に預金金利とあまりかわらない水準になる可能性がでてきました。
MMFとは、マネーマネジメントファンドの略です。

公社債や短期金融資産で運用される投資信託の一種です。元本保証でこそありませんが、ほぼ、元本は割れることはありません。投資はバランスですので、かなり安定した投資信託であり、リスクは非常に低いといえます。だからこそ、リターンも限界があるのですね。

MMFを取得してから1ヶ月未満に解約する場合においてのみ、「信託財産留保額」がかかってくるので注意が必要です。一ヶ月未満に解約をしてしまうと、トータルで結局預金金利よりも利回りが出なかった、なんてことにもなりかねません。

特にいまは、ネット銀行では高めの定期預金金利を用意しています。店舗がある銀行や証券会社よりも、人件費分コスト安になるために、少し高めの金利を用意しています。

そのように考えるとMMF 自体そこまで魅力的ではないかもしれません



投資信託でも結局同じ!「運用会社」と「直接」契約するのなら・・・ ベテラン投資家(43歳)が選ぶ、投資信託ファンドおすすめ5選 14年間、あらゆる投資信託やファンドを購入してきた経験から、日経平均が上がっても下がっても、しっかりと利益をだす戦略ロジックをもった「日本製ヘッジファンド」とでもいうべき、実力のある国内ファンド会社を管理人の投資経験をからランキング形式で大紹介。

BMキャピタルロゴ BMキャピタル ⇒ 詳細
ファンドマネージャーは東大出身。外資系金融機関で培った手法で手堅い運用を得意としている。金融のエリートで構成される資産運用会社。
ラサール・グローバルREITファンド ラサール・グローバルREITファンド ⇒ 詳細
ダイワ高格付カナダドル債オープン(毎月分配型) ダイワ高格付カナダドル債オープン ⇒ 詳細
ピクテ・グローバルインカム株式ファンド ピクテ・グローバルインカム株式ファンド ⇒ 詳細
米国ハイイールド債ファンド 米国ハイイールド債ファンド ⇒ 詳細